第12回研究成果発表会(2000.11.1〜2)
 
1 MIRC版海洋データベースの作成・・・鈴木亨・小熊幸子・吉村智一・永田豊
2 南極海域反射法地震探査データのデータベース作成・・・村上文敏・上嶋正人・松田滋夫
3 海洋科学技術センターにおけるデータ管理の概要・・・直井純・園田朗・小寺透・山本英輝・茂木洋三・鈴木宏枝
4 多段反射板を活用した空中発射超音波による水面測定の精度向上・・・永井紀彦・菅原一晃・波間雅晶・小園みちる
5 超音波式底質判別装置による底質調査について・・・鈴木貞男・宮浦喜和・大木康弘
6 調査船「かいよう」および「かいれい」におけるマルチチャンネル音波探査システムの運用・・・片山 健
7 K−GPS測位と音響測距を結合した海底近く変動観測システムについて・・・矢吹哲一朗・浅田昭
8 潜水調査船を用いた海底展開型観測システム試験装置の開発・・・小島淳一・冨山新一・川口勝義
9 三宅島2000年噴火に伴う水路部の三宅島西方海底調査成果概要・・・植田義夫・加藤幸弘・西澤あずさ・三宅島西方海底調査班
10 2次元航測フーリエ変換による重力・磁力分布の解析(その3)・・・久保田隆二
11 ANKOUベクトルサイドスキャンソナーとデータ処理法について・・・山本富士夫・小笠原祥平・加藤幸弘
12 沿岸域の流況の数値計算にcllocated格子を用いるためのアルゴリズム・・・菰田順
13 沿岸音響トモグラフィによる潮流渦観測データの解析・・・高野忠・高杉由夫・鄭紅・朴在勲・山岡治彦・江田憲彰・金子新
14 フォールアウトによる海洋中核種濃度の計算・・・桑野裕士・和田明・津旨大輔
 
 

 

特別セッションA「中層フロートの展開と海況変動予測」
 
1 中層フロート展開の内外の動向・・・藤田雅之・古川 博康
2 中層フロートの最適展開技術・・・蒲池政文・岩尾尊徳・四竈信行・倉賀野連・網野 正明
3 トライトンブイのCTセンサーキャリブレーション−中層フロートの水温・塩分データ評価に向けて−・・・安藤健太郎・黒田芳史・長濱徹哉・松本健寛・水野恵介・高槻靖・伊澤賢二・河野健・竹内謙介・須賀利雄・岩坂直人・宮崎基
4 我が国における中層フロートの開発・第一報・・・関本道夫・大池高保・須山哲・渡辺和博・鈴木亮・伊野哲郎・吉田昌弘
5 海況把握における中層フロートデータの活用について・・・寄高博行・道田豊・矢沼隆・大島ゆう子
 
特別セッションB「浅海用マルチビーム音響測深テクニカルセッション」
 
 浅海用マルチビーム音響測深と、その誤差要因と精度評価法について・・・浅田昭
2 浅海用マルチビームの測量成果、利用技術、精度チェック・・・宮野正実
3 浅海用マルチビームの測量成果、利用技術・・・寺西和佳・栗原則男・松村謙一
4 浅海用マルチビームを利用した建設工事施工管理システム(ベルーガ)の運用紹介・・・増田稔
5 浅海用マルチビーム測深による水路測量指針について・・・穀田昇一
 
 

 

ポスターセッション
 
 深海調査研究船「かいれい」におけるマルチチャンネル反射法システムの船上データ処理について・・・野徹雄・橋本結・片山健・鶴哲朗・進午・東方外志彦
2 海洋科学技術センターにおけるデータ管理の実例(その1)〜地球物理観測データ〜・・・小寺透・直井純・園田朗
3 海洋科学技術センターにおけるデータ管理の実例(その2)〜海洋物理観測データ〜・・・山本英輝・今井淳・大山憲太郎・直井純・園田朗
4 海洋科学技術センターにおけるデータ管理の実例(その3)〜気象観測データ〜・・・茂木洋三・直井純・園田朗
5 Development of a monitoring system for activity patterns in juvenile and subadult japanese spiny lobsters,Panulirus japonicus 稚エビ期イセエビを対象とした行動モニタリングシステムの開発・・・森川由隆・奴賀俊光・宮崎龍雄・クリストファー・ポール・ノーマン
6 音響トモグラフィーにおける音線同定自動化の試み・・・中埜岩男・藤森英俊
7 調査船「かいよう」における海底地震計(OBS)の運用について・・・馬場和美・野徹雄・樋泉昌之・田中仁氏・寺田育正・伊藤誠
8 深海曳航システムを用いたマリアナ海域熱水調査・・・宮本元行・富樫尚孝・宗輝・深井久美子・満澤巨彦・中條拓也