第7回研究成果発表会(1995.11.9~10)

  1. 深海曳航測器のマルチセンサ化について
      西村清和
  2. 海底精密測距装置の開発
      藤本博巳
  3. 港湾域の浅層部を対象としたマルチチャンネル音波探査例
      松村謙一
  4. 相模湾の精密音響画像探査-深海活断層を探る-
      山本富士夫
  5. EERS-1による日本南方海上のジオイドと黒潮のモニタリング
      仙石 新
  6. 人工衛星画像による沿岸海況の把握と解析
      小田巻 実
  7. 氷塊用自動観測ステーション1号機の気温データ解析…中村 亘
  8. リーフ内の流れと水位-伊是名島での観測-
      佐藤 敏
  9. ADCPを用いた残差流の鉛直断面構造観測
      杉山陽一
  10. ADCPデータの解析(潮流成分について)
      吉 宣好
  11. 海面ブイ及び海中ブイの挙動解析
      榊田尚志
  12. 水槽内でのイセエビの動きの追跡観測
      永田 豊
  13. ADCP用中層係留系の設計及び実海域における挙動
      伊藤淳雄
  14. 自律型海中ロボットによる海水温度計観測
      折出光宏
  15. 多目的漂流ブイについて
      岡 克二郎
  16. 海洋音響トモグラフィー観測システムの開発
      中埜岩男
  17. 蛍光法によるクロロフィルa測定時の励起蛍光波長の検討
      松本和彦
  18. SEABATの現状について
      長野勝行
  19. 浅海用マルチビーム音響測深機による精密海底地形調査
      稲崎富士
  20. 後処理方式によるDGPSの現状について
      打田明雄
  21. RTK-OTFによるGPS水路測量
      小川正泰

パネル討論

活断層調査………その技術と手法

 司会:谷 伸   パネラー:岩淵 洋、岡村 真、杉山雄一、竹内 章、松村謙一


【学会講演要旨集のページに戻る】