第27号(2002年3月発行第14巻第1号

表紙写真:「冬季における伊勢湾北部海域の環境水温分布図」

 

降温期の伊勢湾には,三重県北部から知多半島にかけての沿岸部が沖合部と較べて水温が高くなる傾向がある.この傾向は中層部(海面下5m前後)で特に顕著である

この時期の伊勢湾には水温の逆転成層が成立していて,下層の海水ほど水温が高いため,下層水が湧昇してくる場所の水温は高くなると考えられる.図は北西風5m/sを吹かせた時のシミュレーション結果を示している.下図の赤い部分が湧昇域,上図は対応する水温分布である.


(画像提供,解説:中部電力株式会社電力技術研究所 杉山陽一氏)


口 絵

論 説

紹介記事

図書紹介 (p.37)

会告・学会記事(p.39)


【バックナンバー一覧のページに戻る】