Journal of The Japan Society
for Marine Surveys and Technology
 
第18号(1997年9月発行第9巻第2号)
 
 表紙写真

房総半島東方沖の黒潮の特徴的な挙動

 米国気象衛星NOAA12号と14号のAVHRRセンサデータから計算した1997年7月6日の本州周辺の海面水温画像で、房総半島東方沖の黒潮の特徴的な挙動を捉えたものである。海上保安庁水路部の受信設備により受信処理した7枚の画像を合成している。画像の赤い部分が海面水温の高い海域であり、画像の黒い部分は雲に覆われていた領域である。画像に見られるように、春先から房総半島東方の沖合いには高い海面水温が現われていた。これは、本州の南を流れる黒潮が房総半島南東方で北寄りに向きを変えて、暖水渦様の大きな蛇行に発達したものであるが、徐々に東へ移動し、渦の切離には至らなかった。
口 絵
短波海洋レーダによる       ナホトカ号重油流出事故
表層流の観測                  漂流計算 
 
           
原著論文
 Tomoyoshi Takeuchi:A Correction Method of Errors Due to Mooring Motionsfor Underwater Acoustic Ranging(1)
森尻理恵:日本海中部東縁部佐渡海嶺北部の磁気的構造の推定(15)
紹介記事
徳田正幸:短波海洋レーダによる表層流観測システム(25)
佐藤敏:ナホトカ号重油流出事故漂流計算(29)
今井健三:第23回海洋地名打合せ会による海底地形名の決定(31)
会告・学会記事(35)