Journal of The Japan Society
for Marine Surveys and Technology
 
第16号(1996年9月発行第8巻第2号)

表紙写真

東太平洋海膨の鳥瞰図

 東太平洋海膨南部のプレート拡大軸とその周辺の海底地形の立体図像。水深に従って色分けし、東から光をあてて陰影をつけてある。図の上が、北10度東の方向。図の上下は、ほぼ、南緯17°00′から180°45′の間で、およそ200km。左右は、ほぼ90kmの幅で、上下方向に圧縮されている。中央の直線的な高まりが、現在、世界で最も拡大速度が早いと見られている(平均して年間16cmの割合で新しい海洋プレートが生成されつつある)海洋プレートの生成軸。数カ所で左に軸がずれている。また、図に示した付近では、軸の地形的高まりの頂上付近に幅1km程度の谷地形が見られる、軸の両側には、いくつかの海山が形成されている。科学技術庁の研究プロジェクト「リッジフラックス計画」で得られたマルチビーム音響測深機のデータから作成。


口 絵

アーノレワン・ロボットの              
和歌山県田辺沖での    日本近海月別平均海流図
長時間潜航試験              
         
 

論 説

吉川宗治・廉澤宏・三橋明・岩崎好規:音波探査による中央構造線友ヶ島水道海域の地質構造(1)
矢吹哲一朗・亀谷雅幸:海底基準点の測地測量に関する基礎実験(11)
研究ノート
高部不二男:新方式磁気探査とその応用(23)
紹介記事
鎌田弘志:光ファイバ音響センサシステム(29)

沖野郷子:「全地球ダイナミクス:中心核にいたる地球システムの変動原理の解明に関する国際共同研究」(35)

金沢輝雄:世界測地系と各国の測地系について(39)

今井健三:第22回海洋地名打合せ会による海底地形名の決定(43)

会告・学会記事(47)

文献情報(65)