Journal of The Japan Society
for Marine Surveys and Technology
 
第14号(1995年9月発行第7巻第2号)
 
表紙写真
 太平洋を横断する北緯30度の等緯度線に沿った海水塩分濃度分布のカラープロット。縦軸は水深(0m〜4,OOOm)、横軸は観測位置(経度:東経133度〜西経117度)を示す。西側の水深1,000m付近の塩分濃度の低い層が、太平洋東部のカリフォルニア沿岸で、表層に顔をのぞかせていることが判る。海上保安庁水路部測量船「昭洋」と東海大学観測船「望星丸」を用いたCTDによる観測結果をまとめたもの。なお、この測定はWOCE計画の一環として行われた。
(資料提供:海上保安庁水路部岩永義幸)
口 絵
 
 海洋気象観測船凌風丸
 

論 説

藤本博己:海底精密音響測距一水平方向の海底地殻変動観測(1)

岩渕洋・春日茂・殻田昇一・沖野郷子・志村栄一・長田智:大阪湾西部の活断層(11)

Y.Michida and H.Yoritaka:Survivabi1ity of the Surface Drifters Dep1oyed by Hydrographic Depatment of Japan for the Period from 1988 to 1993(21)

研究ノート 
矢吹哲一朗・長屋好治・田尻克之:深海底での超音波による精密距離測定の試み−相模湾での試験観測(速報)−(29)

中埜岩男・中村敏明・土屋利雄:海洋音響トモグラフィー200Hz送受信システム(33)

紹介記事
 
上林孝史:第21回海底地形名打合せ会による海底地形名の決定(39)

藤村昌彦:海洋気象観測船「凌風丸」V世(45)

片山肇:海底ケーブルを用いた地震等多目的地球環境モニターネットワークの開発に関する研究(VENUS計画)について(49)

会告・学会記事(53)

書評・文献情報(69)