Journal of The Japan Society
for Marine Surveys and Technology 
 
第9号(1993年3月発行第5巻第1号)
 
表紙写真

IZANAGIサイドルッキング・ソナーによる八丈島沖南方の明神礁の海底音響画像(図の範囲は約16×19q)
 

IZANAGIシステムは船の進行方向に直交する横方向に、扇型に広がる音波(11/12kHz)を発信し、海底面に当たって後方散乱した音波の強弱から海底面の音響画像を作成するリモートセンシング機器である。岩盤やレキ、砂などの散乱強度が比較的強い堆積物からの音波は黒く、音波を吸収しやすい泥質の堆積物からの音波は白い画劇こなる。
口 絵
 
 自律走行式水中ロボット“Aqua ExplorerlOOO”
     
 

論 説

山崎哲生・鶴崎克也・半田啓二・冨島康夫:コバルト・リッチ・マンガン鉱床のグラビティコアリング(1)

青木太郎・月岡哲・粕谷芳夫・家接直人・伊藤哲二・中江俊博・寺久保敏・浅尾芳久:細径ケーブル無人潜水機(13)

篠原雅尚・末広潔・松田滋夫・小沢和男:DATレコーダを用いたディジタル大容量海底地震計(21)

研究ノート(33)
清水敬冶・田賀傑・政岡久志・今木滋・新村拓郎・鐘尾誠:沿岸防災情報図測量の自動化システムの開発と運用について(33)

平岩恒廣・尾形淳:相模湾の流況(43)

紹介記事(49)
伊藤嘉彦:自隼走行式水中ロボット“Aqua Exp1orer1OOO”(49)

「海洋地名打ち合せ会」事務局:海底地形名の付与について(55)

会告・学会記事(83)

文献情報(105)