Journal of The Japan Society
for Marine Surveys and Technology
 
第8号(1992年9月発行第4巻第2号)
 

表紙写真

海図第67号京浜港川崎(縮尺1/11,000)の南西約1/4の部分の電子海図表示例である。
右下のグローバル・ウィンドウの中の矩形枠内の部分が中央のメイン・ウィンドウに表示されている。
右上のインフォメーション・ウィンドウには、メイン・ウィンドウに表示されているもの一水域、等深線、水深値、航路、海底ケーブル、ブイ、灯台、岸壁、海岸線、橋、陸域、陸上施設(クレーン、煙突、タンク等)等一の詳しい情報が、カーソルで指すことにより文字で表示される。
口 絵
 
 20メートル型測量船   瀬戸内海の平均水深 
「はましお」             
  
論 説
安藤功一・鈴木英男:波動を利用した海底地盤のせん断弾性率測定装置の性能評価(1)

Y.Ganeko and K.Fuchida:Sea Surface Height Observations by Means of the GEOSAT Altimeter in the NorthwestPacific Region(9)

竹内倶佳・ヒラリメレーズ・月岡哲・永井豊:マルチナロー音響測深機による海底の底質とroughnessに関するパラメータの推定(19)

西村清和:オフライン曳航システムにおけるピンガーとPDRを利用した海底からの高さの簡易モニター(29)

島伸和:海上における地磁気三成分異常の研究(41)

研究ノート(51)
加藤俊雄:波浪の影響を除去する無人測量調査装置(51)
紹介記事(57)
浜崎広海:海底地形名の決定(57)

長井俊夫:瀬戸内海の平均水深について(61)

清水敬冶:20メートル型測量船「はましお」(65)

会告・学会記事(71)

文献情報(83)