海洋調査フロンティア〜海を計測する〜増補版

海洋調査技術学会編  B5判/250頁



 海洋調査に必携の最新図書が刊行されました。
 本書は最近10年間の研究・技術開発の成果の集大成です。最新の海洋調査技術に関して基本原理から解き明かし、その調査方法、測定精度、さらに今後の課題について検討・解説を行っています。海洋科学・工学者にとっての座右の書となりうる一冊です。旧版(※)と合わせて御覧頂くと海洋調査技術の全てが分かります。

(※)平成5年に刊行しました「海洋調査フロンティア 〜海を計測する〜」につきましても、次でご確認下さい。
 
[頒布につきましてはこちらへ]
 

目次

第1章 海洋測位技術

1.1 近年の海洋における衛星測位技術/1.2 海底音響基準点ネットワーク
執筆者 三浦 哲(東北大学大学院地震・噴火予知研究観測センター),浅田 昭(東京大学生産 技術研究所)

第2章 測深技術の現状

2.1 マルチビーム音響測深機/2.2 音響画像探査/2.3 航空レーザー測深
執筆者 浅田 昭(東京大学生産技術研究所),山本 富士夫(株式会社海洋先端技術研究所),徳山 英一(東京大学海洋研究所),矢島 広樹(第六管区海上保安本部海洋情報部)

第3章 近年の海洋における地震探査技術の進歩

3.1 はじめに/3.2 反射法・屈折法地震探査/3.3 坑井内地震探査/3.4 海洋における近未来の地震探査技術/3.5 おわりに
執筆者 奥田 義久(産業技術総合研究所),横田 俊之(産業技術総合研究所),松島 潤(石油公団石油開発技術センター)

第4章 海洋地質調査技術

4.1 海洋メタンハイドレート層掘削技術/4.2 大水深掘削技術/4.3 圧力・温度保持コアサンプリング技術
執筆者 市川 祐一郎(日本海洋掘削株式会社),古谷 昭人(日本海洋掘削株式会社),川崎 正行(日本海洋掘削株式会社)

第5章 近年の海洋における地球物理観測技術の進歩

5.1 コンプライアンス測定/5.2 コントロールソースを用いた電気伝導度測定/5.3その他の手法による海底近傍からの高分解能物理探査
執筆者 島 伸和(神戸大学内海域環境教育研究センター),松林 修(産業技術総合研究所)

第6章 海洋物理観測技術

6.1 波浪観測/6.2 XCTD/6.3 海洋短波レーダによる沿岸海象の観測と解析
執筆者 永井 紀彦(港湾空港技術研究所),水野 恵介(水産総合研究センター遠洋水産研究所),渡邊 朝生(水産総合研究センター中央水産研究所),関本 道夫(株式会社鶴見精機),橋本 典明(港湾空港技術研究所)

第7章 海洋化学・生物調査技術

7.1 採水/7.2 懸濁物・沈降粒子の採取/7.3 ここ10年における生物採集機器の発達とその成果/7.4 直接計測/7.5 海洋化学・生物学におけるリモートセンシング
執筆者 蒲生 俊敬(東京大学海洋研究所),山口 篤(北海道大学大学院水産科学研究科),浅沼 市男(海洋科学技術センター横浜研究所),才野 敏郎(名古屋大学地球水循環研究センター)

第8章 水中探査技術

8.1 海底探査システム/8.2 有索式無人潜水機/8.3 無索無人潜水機/8.4 細径ケーブル方式無人潜水機/8.5 有人潜水船/8.6 動向
執筆者 小倉 訓(海洋科学技術センター),甕川 敏暢(海洋科学技術センターむつ研究所),月岡 哲(海洋科学技術センター),門馬 大和(海洋科学技術センター),青木 太郎(海洋科学技術センター)

索 引

注:執筆者所属は2003年10月における現職

[海洋調査技術学会TOPへ]